WEBコンテンツマーケティング用の記事や写真を制作いたします。

お問い合わせ

TEL.052-201-2525 10:00-19:00(土日祝休)

Alive VN

OUR workARTICLE 記事・コラム事例

【スタッフインタビュー例】アライブ株式会社 庄子 沙希

【スタッフインタビュー例】アライブ株式会社 庄子 沙希

・アライブとの出会いと入社までの経緯について教えて下さい。
アライブと出会ったのは今から約2年前です。アパレルの販売員として百貨店に勤務していたのですが、高校時代はグラフィック、大学に入ってからはインテリアデザインの勉強をしていた事もあり、いつかはデザイン会社に就職したいと思っていました。しかし販売員をしているうちに、次第に私はものを作る側の人間になりたいのだと思う気持ちが強くなっていきました。そんな中、「デザイン会社 名古屋」と検索して1番上に出てきたのがアライブでした。

 

初めは何気なく見ていたのですが、やっぱり気になって次の日もホームページを見に行き、見ているうちに、すっかり私はアライブのファンになってしまったんです。すごくときめいて、働きたいという想いが芽生えました。ただ、その頃の状況では転職するスキルもなければ、転職できる状況でもありませんでした。しかし、こんなにも魅力的だと思う会社に出会った事は今までなかったので、とにかく社長に想いだけでも伝えたい!今思えば少し恥ずかしいですが、アライブ社長にSNSで直接メッセージを送り、返事をいただいた時はとても嬉しかったです。あの時、気持ちだけで動いてしまいましたが、行動を起こしてよかったと今でも思っています。行動しなければ、何も変わらないのだと気づいたきっかけでもあります。

 

・アライブに入社しみていかがですか?
よく耳にする風通しのいい会社と言うのは、アライブのような会社のことを言うのだと実感しています。正直今までの会社は風通しの良さとは真逆の位置にある会社にいましたので、社員同士のギスギスや、堅苦しい上下関係がなく、意見を言える環境があるというのは、本当に素晴らしいことだと思います。上司や先輩は、常に私たちの意見に耳を傾けてくれます。また、ダメな時はダメだと叱ってくれます。社長、上司、すべての人が、目を配らせてくれる会社は他にはないのではないでしょうか。

 

・アライブの魅力を教えて下さい。
オフィスがとてもオシャレですし、可愛い猫がいるのも魅力ですが、アライブの1番の魅力を一言でいえば「人」です。社員は本当に個性が強く、一見まとまりが悪そうに見えます。しかし、各チーム同士が日々、ミーティングをしっかりと重ね、お互いを尊重し合い、情報共有をし合っています。個性はバラバラですが、見ている方向は常に同じなので、ブレることはありません。また困った事があればお互いが協力し、支え合いながら、目的に向かって突き進んでいます。

 

・アライブで働き始めてから変わった事はありますか?
アライブではスタッフ全員主体性を持って働いています。指示をされてから動くのではなく、常に自分にできる事を考え、主体性を持って仕事に取り組んでいます。私自身も指示されてから動くのではなく、もっと自らアクションを起こしていける人間になりたいと思う気持ちが強くなりました。

 

・今後の目標を教えて下さい。
私は現在コンテンツマーケティング部門を担当しています。
私が目指すのは、私自身がアライブのホームページを見て、ワクワクしたように、ホームページを見る側の人がワクワクするようなコンテンツ作りを提供する事です、クライアント様にとっても、サイトを見る、お客様にとっても良質な価値が提供できるコンテンツ作りを目指します。そして、自らが行動を起こして、私と仕事をすると面白い!と思って頂けるようになっていきたいと思います。