WEBコンテンツマーケティング用の記事や写真を制作いたします。

お問い合わせ

TEL.052-201-2525 10:00-19:00(土日祝休)

Alive VN

OUR workARTICLE 記事・コラム事例

【ウェディング系コラムサンプル】ドレス選びをするための4つのポイント

【ウェディング系コラムサンプル】ドレス選びをするための4つのポイント

一生に一度の結婚式だからこそ、とっておきのドレス姿で、当日を迎えたいですよね?ドレス選びも早めにアクションを起こさなければ、本当に着たかったものに巡り合えない事もあります…。最高の式を挙げるために、絶対後悔しないドレス選びの方法をご紹介します。

①ドレスの種類やブランドを知って自分がドレスを着ている姿を想像する

まずはドレスの種類について。ドレスのシルエット大きく分けると「Aライン」「プリンセス」「エンパイア」「マーメイド」の4種類あります。一つずつ説明していきましょう。

【Aライン】
Aラインは腰からAの字型に下に向かってなだらかに広がるタイプです。レースの装飾のあり、なしで清楚にも、華やかにもなり、オールマイティーでどなたにも似合う形です。

【プリンセスライン】
腰からしたがふんわりと広がっているので、ウエストが細く見えます。プリンセスラインはまさにお姫様のようなデザインのドレスです。オールマイティで着ていただけますが、下半身が気になる方にも◎

【エンパイアライン】
Aラインやスレンダーラインに似ていますが、胸元のすぐ下に切り替えしがあり、裾に向かってスカートが広がっているのが特徴です。
お腹周りが気になる方、足長効果もアリ。

【マーメイドライン】
腰回りが体にフィットしており、ヒザ下から一気に裾が広がっているのが特徴的です。くびれが強調され、女性らしく華やかな雰囲気に。
体のラインにメリハリを出したい方、背の高い方にもおすすめです。

次にドレスのブランドやデザイナーについて説明します。

【国内ブランド】
芸能人のプロデユースデザイン、有名デザイナーなど多くのブランドが存在するので、価格帯も様々です。

【インポート】
海外風ウエディングに憧れる人はインポートドレスも人気。

【アトリエ系】
ドレスデザイナーが自分だけの、ドレスを縫ってくれます。世界に1着だけのドレスが出来上がるので、個性派さんにおすすめ。

 

②結婚式をしたい式場からドレスを想像する

【エレガント】
シックな内装やラグジュアリーな雰囲気の会場には上品で、落ち着いたドレスが似合います。

【シンプル】
凝った内装や自然の多い会場にはシンプルなドレスが映えます。

【ナチュラル】
ガーデンウェディングやレストランウェディングには、自然体で動きやすいドレスがぴったり。

【キュート】
白いチャペルや、お城のような会場では、ドレスや小物もかわいらしドレスに。

 

③いざドレス選びへ
ドレスのイメージができたら、着たいドレスに巡り合うために動き出しましょう!

・憧れのドレスが着たいなら、ドレス最優先で動く
会場によっては、提携以外のショップのドレスは着用不可の場合もあるため、着たいドレスがある場合は、会場よりも先にドレス選びをしましょう。

・人気のドレスはすぐに予約で埋まる
人気のドレスはすぐに予約で埋まってしまうので、先手必勝、1年前から探し始めても遅くありません。

・式の雰囲気に合わせたいなら、同時進行
カジュアルなドレスに豪華絢爛な会場はちぐはぐになるので、この会場には、このドレスが合うか、同時進行で行うことがオススメです。

 

④とにかく試着をしよう。
イメージしたドレスは意外と着てみると違う可能性も、また似合うと思っていなかったドレスが案外しっくりくる可能性もあるので、実際に着てみることが大切です。

一生に一度の結婚式。思い描いた通りの結婚式にするためにも、ドレスへのイメージをしっかり湧かせながら、積極的な行動とスピードが重要です。